ホーム  >  名東区の不動産売却はセンチュリー21リラックホーム  >  スタッフのつぶやき  >  名東区在住スタッフのひとりごと

名東区在住スタッフのひとりごと
カテゴリ:スタッフのつぶやき  / 投稿日付:2022/01/13 14:24

名古屋市名東区
センチュリー21リラックホームの「藤田」です。

冷え込む日が続き、夜布団に入っても足先が冷たくて
なかなか寝れませんね。

私は、毎年これくらいの冷え込む時期になると
昔ながらの”湯たんぽ”を使い始めます。
そして、時々、湯たんぽがむき出しになってしまった
部分に気づかず、足を低温火傷します・・・(涙)

低温火傷は、通常の火傷とは違い45度くらいの熱が
じわじわ何時間も皮膚にあたっているので、皮膚の奥深くまで
損傷し、火傷の後も一生残ると皮膚科の先生に言われました。。。

あたたかい春が待ち遠しいです。

センチュリー21リラックホームでは、

3月6日(日)まで、”春の住み替えフェア”を開催しています✿


ご来店・ご成約のお客さまには抽選でいろいろなプレゼントを
ご用意しております。
みなさまのお越しをお待ちしております!


センチュリー21リラックホームでは選べる無料査定をご準備しております。
ご利用いただいたお客様にはコース別にご用意した事で、ニーズ・タイミングに合ったとご好評いただいております。
買取サービスもございます。
相続による空き家の売却相談は、遠方でもご相談ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております!

ページの上部へ