ホーム  >  名東区の不動産売却はセンチュリー21リラックホーム  >  スタッフのつぶやき  >  様々な土地の評価額について

様々な土地の評価額について
カテゴリ:スタッフのつぶやき  / 投稿日付:2021/12/02 15:34

土地の評価額には、複数の価格が存在します。

今日は「実勢価格」と「公示地価」、「基準地価」について説明します。

【実勢価格】

・市場で実際に売買される際の価格で、売買する当事者間で成立した価格を指します。
 土地は同じ地域、面積であっても、その形状や接道状況などの異なる条件によって
 価値が異なります。このように実勢価格は様々な要因によって変動するため、取引が
 成立するまでその金額は確定しません。

【公示地価】

・土地取引の指標や公共事業用地の取得等に用いる価格で、国(国土交通省)が決定します。
 その年の1月1日における全国の標準地1㎡当りの価格で、更地の場合の評価とされます。

【基準地価】

・公示地価に類似していて、都道府県が査定します。公示地価の標準値は都市計画区域内が
 中心となるのに対し、基準地価の標準値は区域に縛りがありません。
 毎年7月1日に評価されることから、公示地価の補完的役割を果たしています。

century21リラックホームでは、選べる無料査定をご準備しております。
ご利用いただいたお客様にはコース別にご用意した事で、ニーズ・タイミングに合ったとご好評いただいております。
買取サービスもございます。
相続による空き家の売却相談は、遠方でもご相談ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております!

ページの上部へ