ホーム  >  名東区の不動産売却はセンチュリー21リラックホーム  >  スタッフのつぶやき  >  がけ条例って?

がけ条例って?
カテゴリ:スタッフのつぶやき  / 投稿日付:2021/07/17 15:03


がけ条例とは、敷地ががけに面しており一定の高さを超えるがけの上または下に
建物を建築する場合、条例によって制限を設けられます。

一般的な定義として2mや3mを超える硬岩盤以外の土質で30度を超える傾斜の
ある土地をがけと言いますが規制内容は都道府県によって異なるため注意が必要です。

因みに愛知県は

建築物の敷地が高さ2mを超えるがけに接し又は近接する場合はがけの上にあっては
がけの下端から、がけの下にあってはがけの上端から、建築物との間にそのがけの
高さの2倍以上の水平距離を保たなければならない。
ただし、堅固な地盤又は特殊な構造方法によるもので安全上支障がないものとして
知事が定める場合に該当するときはこの限りではない。
(愛知県建築基準条例より抜粋)

要は地震や大雨等でがけが崩れ住んでいる人が巻き込まれて被害に合わないよう
注意して建築してくださいというものです。



CENTURY21リラックホームでは、選べる無料査定をご準備しております。
ご利用いただいたお客様にはコース別にご用意した事で、ニーズ・タイミングに合ったとご好評いただいております。
買取サービスもございます。
相続による空き家の売却相談は、遠方でもご相談ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております!

ページの上部へ